かたてわざ

いろんなことを、気が向く範囲で片手間で。って言いながら最近ほとんどバイクの話。

PC 組み直し 2022

本っっっ当にひさしぶりに、PC を組み直しました。

 

マザボからの取り換えが 2013 年 3 月以来なので、実にほぼ 9 年ぶり。

 

katate.blog80.fc2.com

 

きっかけは、従来の構成だと Windows 11 にアップグレードできないと言われたこと、がやはりそれなりに響いてますね。

 

katate.hateblo.jp

 

あとは、まだまだ現役の高スペックだと思い込んでいたところ、R の処理速度が MacBook Air M1 に劣るケースがあって、データ サイエンス チャレンジを続けるなら最新の CPU に切り替えてみてもいいかなと思えたことです。

 

今回のコンセプトは以下の通り。

 

1. コスパ優等生とされる Ryzen 5600X で AMD 陣営に久しぶりに復帰

2. ストレージは NVMe 一発にしてケース内空間をリストラ

3. グラボと対照的にメモリは買い時・盛り時なので 32 GB 体制に

 

メモリは 16 GB でもいいかなと思っていたんですが、容量単価がだいぶ安かったのと、R で巨大なデータ フレームを処理する際に使い切ってしまうことがまれにあったこと、これまでが 16 GB だったのでグレードアップ感を出したいことから、32 GB にしました。

 

購入したパーツは下記で、これら以外は既存パーツを流用しています

 

  ブランド 品名 価格目安
CPU AMD Ryzen 5 5600X 36,000
マザーボード MSI MAG B550M MORTAR WIFI 15,000
メモリ Corsair VENGEANCE LPX (16 GB x 2) 13,000
ストレージ Plextor M10PGN (1 TB) 17,000

 

入手したパーツたちです。

 

f:id:katatewaza:20220109164842j:image

f:id:katatewaza:20220109164853j:image

f:id:katatewaza:20220109164910j:image

f:id:katatewaza:20220109164918j:image

f:id:katatewaza:20220109164928j:image

f:id:katatewaza:20220109164939j:image

 

当初は Mini-ITXマザーボードにしてケースも小型化しようと考えていました。

が、目星をつけたケースがいずれも手持ちの Palit GeForce GTX 750 Ti KalmX を収められないことがポチる直前にわかり、これまた 2008 年以来 (!) 使い続けている、SilverStone SST-SG03 が現役続行となりました。

 

katate.blog80.fc2.com

 

ケースも久しぶりに空っぽに。

 

f:id:katatewaza:20220109165007j:image

 

相変わらず水冷に手を出す気はなく、CPU はひとまず純正クーラーで冷却することに。

ケースの密閉度が低いこともあり、純正クーラーの音はちょっと耳につきますね。

しばらくしたら換装するかもしれません。

 

f:id:katatewaza:20220109165013j:image

 

初期動作確認のついでに  BIOS アップデート。

メモリもしっかり 3200 MHz 動作です。

 

f:id:katatewaza:20220109164952j:image

 

一方で、OS のセットアップにはかなり手間取りました。

 

1. 手持ちのインストール USB メディアが実は Windows 7 だった

2. 手持ちの Windows 10 ISO からセットアップしたらアップデートに時間がかかりすぎた

3. Windows 10 最新版の ISO がマイクロソフトの web サイト (の分かりにくい場所) にあったので結局やり直した

 

というのを経て、今に至ります。

 

#3 についてはちょっとトリッキーで、普通に検索すると Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロードのページってなくなってるんですね。

ところが、URL を ja-jp から en-us に変えると出てきました。

 

www.microsoft.com

 

さらにここでもう一つトリックがあって、PC のブラウザで見る分には update assistant とか media creation tool とかのリンクが表示されますが、開発者ツールなどで他のデバイスをエミュレーションしてみると、ISO イメージが直接ダウンロードできるようになります。

日本語版ももちろん入手できます。

 

そんなこんなで最終的にバージョン 21H2 を直接インストールできたのでした。

 

で、Windows 11 にいつ上げるかですが、実はまだちょっと考え中。

ここまでやっておいてなんですが、OS のインプレース アップグレードって好きじゃないんです。

新 OS を入れるときは常にクリーン インストール派。

とはいえ Windows 11 のライセンスを別途持っているわけではないし、無償アップグレードができるうちに最終的にやってしまうと思いますが、まずは手にしたこのスペックを使い慣れた Windows 10 環境で満喫しようと思います。