かたてわざ

いろんなことを、気が向く範囲で片手間で。って言いながら最近ほとんどバイクの話。

やっぱり Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能はバイクに向かないらしい

スマホのカメラをふさがない、いい感じのホルダーをマウントして Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能をバイクで試したお話の続き。

 

katate.hateblo.jp

 

スマホ ホルダーをバーマウントに取り付ける際、防振のためのゴムを 3 枚挟んでみました。

 

結果。

 

f:id:katatewaza:20210404093435p:image

 

やっぱりドラレコとしては、ほぼ使い物になりません。

 

アクセサリー バーからの振動の影響は少し軽減された気がしますが、振幅や周期が異なるスクリーンの振動の影響がそのまま残っているので、ブレブレの映像です。

過去、アクションカムを取り付ける際にはレンズをスクリーンぎりぎりにまで近づけることで、その種の振動の影響を受けないように工夫していました。

 

katate.hateblo.jp

 

ただ、スマホはカメラの位置よりも画面の向きの方が大事なわけで、そんなポジショニングができません。

 

あと一点気になったのは、ドラレコ録画中の電池消耗が激しいということ。

もちろん走行中は給電しているのですが、録画しているとバッテリー残量が増えるどころかちょっと減っている気がします。

 

ということで、ドラレコを求めるなら (すでに購入済みの) 専用機を取り付けざるを得ない雰囲気です。

専用機のカメラもセロー本体の振動の影響を受けることには変わりありませんが、少なくともスクリーン越しでない位置に取り付けることで影響を回避することはできます。

 

取り付け方を継続して研究します。

Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能はバイクに向かないらしい

セローのスマホ ホルダーをスマホ カメラが使えるものに替えました。

 

f:id:katatewaza:20210327120513j:image

 

質感がよくてスマホの固定もがっちりできて、単体でのフットプリントが小さめで、いい感じ。

 

 

で、Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能を解き放ってみたのですが。

 

1. ブレすぎ。

 f:id:katatewaza:20210327120707p:image

 

ツーリングセローのアクセサリーバーみたいな箇所がかなりの微振動を発することと、スクリーン越しということもあって映像がひどいことに。

トンネル走行時は酔っ払いの宇宙空間みたいな絵になります。

「別にナンバーが映るほどの画質でなくても」とか思っていたのが、それどころでないクオリティ。

マウント部分に防振のためゴムを挟むなどしてみてもいいのですが、そんなレベルでないような。

 

2. 衝撃検知が敏感すぎ。

衝撃検知感度を「低」にしてみても、バイクの通常走行の振動で反応してしまいます。

ことごとく検知してしまい、異常発生動画としてロックされていきます。

衝撃検知はオフにするほかないようです。

 

f:id:katatewaza:20210327120446p:image

 

3. いいところもある。

気にしていた仰角・俯角問題は冒頭のブレブレ写真でもわかるように、ありませんでした。

バックグラウンド録画は意図的にできないようになっているようで、アプリを切り替えたりスマホをスリープにしたりすると録画が自動的に止まります。

降車時にはスリープにしてスマホを取り外すので、わざわざ手動で停止することなく済みそうです。

Yahoo! カーナビの起動と同時に自動で録画を開始する設定もできるので、それと組み合わせればほぼ全自動のような感覚でしょう。

 

で、どうするか。

この撮影品質ではドラレコとして機能していないに等しいでしょう。

新しいスマホ ホルダー自体は気に入ったので使い続けますが、Yahoo! カーナビプラスにドラレコを担わせるかというと難しいです。

ひとまず一度、ダメもとで防振のゴムを挟み込んでみます。

それでダメならやはり専用機を取り付けます。

 

ちなみにスマホ ホルダーにミラーと共締めできる短いマウント バーが付属したので、これをドラレコ専用機のモニター設置に利用する手もありそうです。

 

f:id:katatewaza:20210327134647j:image

バイク用ドラレコを買った…が

バイクにドラレコ付けたい欲求が高まる中、目を付けていた機種の 1 つが Amazon でタイムセールになったのでポチりました。

 

 

ホントはカメラ 1 つで十分に思っていたものの、2 カメラ タイプの割には価格とスペックのバランスがよさげで、USB 給電できるというのが決め手です。

 

で、本日朝から取り付けの検討をするも…。

 

カメラの設置場所がピンと来ない + 配線がややこしくて大仰

 

ということで作業保留に。

 

シンプルな機能性が身上のセローに取り付けるには、どうもオーバー スペックかも。

液晶モニタは録画状況の確認もできていいのですが、これをスマホ ホルダーの横に設置したらずいぶんゴテゴテした印象になりそうです。

 

f:id:katatewaza:20210320133416j:image

 

やはりここはスマホ 1 台でシンプルに完結できる、Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能を使えるようにすべきなんでしょうか。

 

と考えたので、これまた目を付けていたホルダーがタイム セールになったのを機に追っかけ購入。

 

 

仰角・俯角問題が解消できるかは、やってみないとわかりません。

その意味では賭けですが、このくらいの価格感であれば試してみようというもの。

 

一応、似たような形態のドラレコをセローに取り付けている事例もいくつか目にしたので、Yahoo! ドラレコがうまくいかなかった場合は専用機の方で何とかやり直してみようと思います。

 

www.goobike.com

goobike.com

noguchi-motors.net

 

ここまでやっておいて第三案を検討する羽目になったら…イヤだなぁ。

Oura Ring を着けてほぼ 2 か月

購入時にはネタにしていませんでしたが、1 月に Oura Ring を買っていました。

 

ouraring.com

 

腕時計型の活動量計は数あれど、近頃は指輪型というのがあるんですね。

Fitbit 使用時から「こういうデバイスはいずれ指輪型になる」と予想していただけに、存在を知るや否や試してみたというわけです。

 

腕時計型と違ってサイズ調節ができないので、公式サイトで購入するとまずはサイジング キットが送られてきます。

樹脂製のキットでサイズ感を確認したのち、web で希望サイズを指定。

その後、指定サイズの製品が送られてくるというしくみ。

製品受け取り時には関税 (2,800 円でした) がプラスでかかります。

 

f:id:katatewaza:20210313104218j:image

 

想像通り、腕時計型に比べて着用時の違和感は少ないです。

特に就寝時は腕にバンドをするよりも指輪をはめていた方が自然。

防水仕様ながら、皿洗いと洗顔・入浴時にだけ外しています。

手袋をはめるときには、ちょっと突っ張る感じがします。

 

ちなみに自分の場合、右中指がメインでたまに気分転換で左人差し指に着けます。

 

f:id:katatewaza:20210313104234j:image

 

スマートウォッチと異なり、振動して何かを通知するような機能はありません。

ずっと動かないでいると、スマホの通知で運動を定期的に促すくらい。

 

徒歩や自転車での移動を検知してワークアウトと自動認識します (スマホ アプリで確認を求めてくる)。

一方で、移動を伴わない筋トレやエア縄跳びのような運動は自動検知しません。

 

睡眠の検出はかなり優秀な印象。

いつ入眠していつ目覚めたか、わりと正確に判別しているようです。

一度、昼食後に短時間のうたた寝をしたところ、それもしっかり検出していました。

 

f:id:katatewaza:20210313104243p:image

 

価格感との対比で言うと、スマートウォッチの方がより多くの機能的な便益を受けられるとは思います。

しかしながら指輪型ならではの主張の少なさは、より長時間の自然な着用を可能にします。

自分は腕時計をすると、季節によってバンドの下が蒸れたりかぶれたりする傾向にあるので、多機能を求めない前提で指輪型の方がしっくり来ますね。

 

サイズゆえにバッテリーのへたりが早いという評価を見たことがありますが、使い倒していきたいと思います。

 

f:id:katatewaza:20210313104307p:image

Yahoo! カーナビプラス (ベータ) のドラレコ機能を試す…も

ベータテストの手配がさくさく進んだので、さっそく本日午前の首都高ランで試すことに。

 

katate.hateblo.jp

 

このドラレコ機能、スマホ ホルダーに縦置きなら縦向き撮影をしてくれるので、もしかしたら俯角の問題もある程度吸収してくれるかもしれません。

また、セローに設置済みのスマホ ホルダーも、よくよく見るとそこまで強烈な仰角/俯角にはなっていないので、まぁまぁ撮れるのでは? という期待が持ち上がります。

 

が、スマホをセットしてすぐに気づきました。

 

ホルダーのアームでカメラが隠れとるやん

 

こちらがドラレコ機能で撮影した動画のスクショです。

 

f:id:katatewaza:20210223112131p:image

 

はい、話になりませんね。

ちなみに現在使用中のホルダーはこちら。

 

 

スマホの四隅をホールドする構造なので、どうしてもカメラ部分が隠れてしまいます。

これまでこのホルダーに不満はなかったんですが、カメラを隠さないものに交換して試してみるべきですかね。

でも、わざわざホルダーを新調してやっぱり仰角・俯角問題が発生したらどうしようもありません。

 

 

一方、ドラレコ専用機を付けるとなればこのくらいのモノを選ぶことになりそうです。

この価格差ならホルダーを一度試してみたくもなりますが…。

 

 

バイク乗車時には必ず Yahoo! カーナビを使っているので、(ホルダーを新調する必要があるにしても) デバイスを増やさずにドラレコが得られるというのはメリットです。

ただこの場合、休憩などでの降車時にはいちいち録画の停止操作をしないといけないんでしょうね。

また、ツーリングセローについてはスマホの設置位置の関係で、スクリーン越しでの撮影となるので、仰角・俯角問題に加えて映像のクオリティ面でちょっと不利かも。

 

専用機であればスマホの位置の制約を受けないので、スクリーンの影響を受けない場所への設置も可能です。

この価格感であれば盗難リスクを加味しても取り付けっぱなしでの運用になりそうで、なんなら固定方法にひと手間かける感じになるでしょう。

ちょうどイグニッション連動の USB が 1 口空いているので、電源確保も問題なし。

 

う~ん、こう考えると価格差はあっても専用機購入の方が手堅いですかね。

Yahoo! カーナビプラスのドラレコ機能もせっかくなので一度ちゃんと試してみたいですが、今のホルダーのままでは無理です。

Yahoo! カーナビにドラレコ機能が?

Yahoo! カーナビプラスのベータ テスト募集の連絡が来ました。

カーナビ「プラス」と言うからには、既存の無料版 Yahoo! カーナビの上位版で有料化って話なんですかね?

 

carnavi.yahoo.co.jp

 

気になるのはこのドラレコ機能。

 

f:id:katatewaza:20210220093116p:plain

 

スマホドラレコっぽいことをするアプリというのはこれまでもあったと思いますが、実績あるカーナビ アプリと統合されるケースは珍しいのではないでしょうか。

 

スマホであれば加速度センサーなども入っているので、衝撃を検出して録画データを保全、みたいなことは確かにできるんでしょうね。

無駄にストレージを食わないように、一定ファイル数・サイズでのループ録画などしてくれれば十分かと。

 

とはいえ気になるのは、「カーナビ アプリとして運転しながら見る」と「ドラレコ アプリとして適切な視野を録画する」が両立できるのかという点。

前者は若干の仰角が必要ですし、そうすると後者が俯角になってしまいます。

 

車であればダッシュボードのいい位置に設置することで、ドライバーからの見え方も前方の映り方も両立できるかもしれません。

ところが、バイクとなるとこれが難しそう。

マウントにある程度の高さがあれば仰角・俯角のつき方を多少緩和できるかもしれませんが、ドラレコとして機能させるためにカーナビとしての見え方を犠牲にする、というのは避けたいところ。

 

シンプルなドラレコに興味があるものの、バイク用はどうしてもちょっと値が張るんですよね。

 

1. 防塵・防滴

2. 通電すれば即録画

3. ループ録画

4. できれば LED 信号機対応

 

くらいの条件をシンプルに満たしてくれさえすれば、やたらと高精細なレンズとか G 検出などはなくてもいいと思っています。

実は手持ちの DJI OSMO ACTION でも #2 以外は満たせますが、駐停車時に取り外さないと盗難リスクの面で危なっかしさがあるんですよね。

 

とりえあず Yahoo! カーナビプラスのベータにはさっそく申し込んでおいたので、そちらの出方を見つつ、バイク向けドラレコ専用機の検討も続けます。

タイタニックの生存予測で好パフォーマンス

今朝も首都高ランをしました。← 言い訳じみたバイク ネタ

週末の朝 8 時台に出発できると、首都高は空いていていいですね。

昨日の土曜日、実は調子に乗って京葉道から千葉方面に向かったら、すでに土曜のお昼時で高速も下道も混雑。

「週末の昼まではスムーズに走れる」というのは首都高限定の話だったと思い知らされたのでした。

 

で、SIGNATE でデータ サイエンスの腕試しをしているお話。

練習問題の一つ、著名なタイタニックの生存予測にチャレンジしています。

 

これまで、投稿数や参加者数が多めの練習問題にはほぼ一通り取り組んできたので、そろそろ練習問題フェーズは卒業かなとも思っています。

リーダーボードを見ると、上位 100 位に入るには 0.86 程度のスコアは必要なところ、最初の投稿結果は…

 

f:id:katatewaza:20210214150227p:plain

 

なんといきなり 0.88 越えで、本日時点で 437 人中 12 位に付けました。

 

f:id:katatewaza:20210214151028p:plain

 

正直な話、自分に実力が付いたというよりはむしろ、選択したアルゴリズムがうまくハマったということのように思います。

ただまぁ、カニ図鑑に載っているような、基本的かつメジャーなモデリング手法だけで当面は経験を積んでいこうとしている中で、あまり複雑怪奇なことをせずにこのスコアが出せたのはうれしいですね。

 

自分の中にできつつある定石アプローチをよりスムーズに実装できるようになることと、一方で新しいアプローチを探求し続けることとのバランスを取りながら、今後も精進していきたいと思います。

 

あ、ちなみにバイクにドラレコを付けたくなってきてます。← 言い訳じみたバイク ネタ