かたてわざ

いろんなことを、気が向く範囲で片手間で。って言いながら最近ほとんどバイクの話。

2020 年 6 月のラジオのヘビロテ

ラジオのオンエア曲、カウントしました。

ま、web 見りゃわかる話なんですけど。

 

TOKYO FM

www.tfm.co.jp

 


周波数 - Sekai no Owari【(TOKYO FM開局50周年アニバーサリーソング)】

 

…あれ? 公式動画ないの?

 


矢井田 瞳「ネオンの朝」Lyric Video

 


Koochewsen - mystery(official music video)

 

J-WAVE

www.j-wave.co.jp

 


Lady Gaga, Ariana Grande - Rain On Me (Audio)

 


Jack Garratt - Better

 


Summer Feelings - Lennon Stella feat. Charlie Puth (from Scoob! The Album) [Official Music Video]

 

NACK5

www.nack5.co.jp

 


フレンズ「あくびをすれば」 / 読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『ハクション大魔王2020』エンディングテーマ

 


lol-エルオーエル- / work it out -music video-

 


海蔵亮太「素敵な人よ」リリックビデオ(完全版)

 

複数局でトップ 10 入り

 


WONK - Rollin' (Official Audio)

 

ただ歩き続ける動画w

レンタルバイクで立ちゴケしたらこんなことになった

これまで気になるバイクをレンタルしては数百 km のツーリングに利用してきましたが、7 回目の利用にしてついに借り物に傷をつけてしまいました。

 

ドゥカティ SuperSport S で立ちゴケ

ブレーキ レバーが折れました。

 

深く、深く、反省。

 

f:id:katatewaza:20200618195023j:image

 

ブレーキ レバーが握れるくらいに残っていたのは不幸中の幸い。

これがもっと短くなってしまっていたら、自走できなくなるところでした。

 

カウルにももちろん傷がつきました。

このバイク、買ったら 189.3 万円なんです…。

 

f:id:katatewaza:20200618195032j:image

 

この時点でもちろんツーリングは切り上げ、帰路につきました。

とはいえ現場からショップまで 200 km あります。

本当に、本当に、気が重い道のりでした。

 

こんなにキレイでクールなバイクに対して、申し訳ない想いでいっぱいです。

 

帰りの道中、気になるはもちろん、弁償にいくらかかるのかということ。

 

SA で途中休憩した際に、当然ググってしまいます。

 

で、出てくるのがこんなページ。

 

hokkaido-aisya.com

 

あぁ…気が重い…。

なにその 35 万円の見積もりって。

それってもはや立ちゴケのレベルじゃないんじゃ…。

 

ところで、使っているレンタル サービスはレンタル 819 なのですが、女性限定「立ちゴケ補償」プランなるものがあるんですね。

 

www.rental819.com

 

なぜ女性だけなの…。

 

まぁ、これは借りるバイクも限定されるプランなので、SuperSport S だったら女性でも入れないんですけど。

 

レンタル 819 の貸渡契約書には、次の記載があります。

 

利用期間中はご契約者に車両の管理責任が発生します。第三者の過失有無を問わず、契約者に損害の実費をご負担いただきます。

 

そりゃそーだわなと思いつつ、見知らぬ人のいたずらや過失のリスクにも気を付けないといけないという、シビアな現実。

今回は完全に自分の責任なわけですが、「実費」がいくらになるのか、ですね。

 

ショップの人にこちらの過失をものすごく責められて、とんでもない額を請求されたらどうしようとか、話が変な雰囲気になったときに備えて、ショップでの会話を録音したらいいかなとか、心配に心配を重ねながらひた走りました。

 

ショップについて開口一番、立ちゴケしてしまったことを謝罪。

 

ショップの人「あ、そうなんですね。お怪我はありませんでしたか?」

 

たとえ「レンタル立ちゴケ マニュアル」みたいなのがあったとして、それに書いてあったのだとしても、この第一声でどれだけ救われた思いがしたか

 

弁償は弁償で当然しっかり請求されるんですけど、こういう時の切り返しの言葉ってホントに大事というか、重みがありますね。

 

破損箇所を一緒に確認しつつ、弁償額の考え方を伝えられました。

 

全交換 → パーツ定価の 100%

傷の範囲が 500 円玉サイズより大きい → パーツ定価の 40%

傷の範囲が 500 円玉サイズより小さい → パーツ定価の 30%

 

そして、場合によってはパーツ代より気になる営業補償 (ノンオペレーション チャージ) については 、web に記載があります。

 

自走にて返却した場合 20,000円
レッカーにて搬送した場合 50,000円 + レッカー代 (超過分) 

 

これは一日あたり、ではなく一度につき、なんでしょうか?

 

さて、最終的に自分のケースがどうなったかと言うと。

 

f:id:katatewaza:20200618204543j:image

 

税込み 82,623 円也。

 

幸いにして、営業補償の話にはなりませんでした。

また、交換することになるパーツは本来工賃もかかると思いますが、上述した考え方の通り、パーツ代 100% の負担のみでした。

さらに実は今回、嫌な予感があったのか何なのか、オプションの車両保険を付けていたものの、免責額が 10 万円ということで出番なし。

これは 10 万円まで行かなかったことをよしとすべきでしょう。

 

パーツの定価に関しては、カウルは想定の範囲内だったものの、サイレンサー カバーが案外お高い…。

ミラーも片側丸ごとの値段なので、結構します。

ブレーキ レバーも…外車ならこうなりますかね。

 

もちろん粛々とお支払いして、ショップを後にしました。

非常にソフトで手慣れた対応をしていただいたスタッフさんには心から感謝です。

 

 

 

いかがでしょう。

あえて他山の石としてもらうべく、恥をさらすような話を書きました。

授業料としてはお安くないですが、自分に怪我もなく、無事に自走して帰ってこれた分、ラッキーと思うべきでしょう。

 

バイクに乗る以上、倒すリスクはゼロではありません。

借り物であればなおさら、相当に気を付けて乗らないといけませんね。

 

その意味では、レンタル バイクの利用はあまり気軽にしすぎてもいけないなと思いました。

購入を検討しているバイクをがっつり試すという目的でなら大いに活用すべきと思いますが、買う気はなくてもちょっと気になるお高いバイクにちょっと乗ってみるという程度の動機ならば、その「遊び心」のリスクにも目を向けるべきだと思いました。

 

これもラーニングということで。

ドゥカティ Supersports S の 500 km 試乗インプレ

f:id:katatewaza:20200618165120j:image

 

※最初にお断りしておきますが、こちらの車種の試乗中に立ちゴケをブチかましたため、「苦い思い出」成分がインプレにまぶされているおそれがあります。

 

ドゥカティの所有を真剣に考えたことはないものの、SuperSport のフロント マスクのクールさは、現在市販されているバイクの中でも屈指だと感じています。

見た目はスポーツ バイクだけどツーリングにもしっかり使える、というコンセプトは以前乗っていた Ninja 1000 にも通じます。

Ninja 1000 もカワサキのクセを感じる味付けでしたが、イタ車の味付けとはどんなものか一度確かめてみたくて、レンタルしました。

 

ショップから家まで乗って帰るわずか数 km の道のりで感じたことは 2 点。

 

「エンジン音がデカい!」

「内ももが熱い!」

 

Ninja 1000 も最初にレンタルした際は (そして所有して手放すまでも) 腹にもたれるエンジン音をネガに感じていたので、これはビッグ バイクならではでしょうね。

早朝の出発時は気を遣います。

 

エンジンやフレームの熱から来る内ももの熱さは、明らかに Ninja 1000 以上でしょう。

渋滞にハマったり停車したりしていると、やけどしそうなほどの熱を感じます。

 

足つきは両足べったり。

乾燥重量 183kg ということで、おそらく走行時の重量も Ninja 1000 よりは軽いのではと思います…が、Ninja 1000 は 3 年間一度もコケなかったのに、これは試乗した一日でコカしたんだもんなぁ…。

 

以下、3 つの視点から。

 

1. 速く乗れるか ★★★★

実は今回、そこまでの高速走行はしてないんですよね。

バイザー付きのオフロード用ヘルメットで乗ったので、風圧低減のためw

とはいえ、常用域でのエンジン パワーにはかなり余裕を感じました。

 

5 速 4,500 rpm あたりで 100 km/h なので、5 速でも無理なく高速道路を走れるくらいです。

では 6 速に入れたらどうなっちゃうのかという感じですが、実は 6 速でも 5,000 rpm で 120 km/h と、5 速とそんなに大きく変わらない印象。

走行モードが 3 つ (Sports/Touring/Urban) あり、今回は Touring と Urban しか試さなかったことが微妙に影響してるんでしょうか、6 速の実力を意図的に封印されているかのような感覚でした。

 

とあるレビューで SuperSport は優れたコーナリング マシンだという評価があったんですが、個人的には Ninja 1000 の方がヒラヒラできていました。

自分がセローに慣れきってしまって、ビッグ バイクのコーナリングができなくなったんですかねw

中高速コーナーではそれなりの安定感を感じますが、九十九折のような低速コーナーではギアの選択も難しく、どうもギクシャク・バタバタさせてしまいます。

 

高速道路走行と中高速コーナーのポテンシャルは十分あると思うので、星 4 つというところ。

 

2. 楽に乗れるか ★★

セパハンながら前傾姿勢はそこまでキツくない、というのが世間的な評価みたいです。

乗り出した当初は「案外キツいじゃん」と思ったんですが、最終的には「こんなもんかな?」という感じ。

Ninja 1000 もこのくらいだったかもしれません。

 

当たり前なんでしょうけど、シートに「前乗り」するか「後乗り」するかでも結構変わります。

前乗りの方が姿勢もラクだし、コーナーで向きを変えやすいような。

前傾ゆえの腰のハリは出ますが、500 km 走ってそこまでの疲労感はありませんでした。

 

シートは普通。

適度に休憩を取らないと自分の場合、尻が悲鳴を上げます。

 

ニー グリップする位置にフレームのツノみたいなのがあるんですけど、これは最後まで慣れなかったです。

ぶっちゃけ膝の内側が痛くなりました。

 

上述した低速時の不安定さにも関連しますが、乗っていて急かされる感じがあります。

もっと速度域を高めなければ落ち着かない、というような。

パワーをひねり出すこと自体は簡単なんですけど、それを前提にさせられている感じは「楽」ではないですね。

 

3. 長く乗れるか ★★

高速道路主体だったので実平均燃費は 22 km/L くらいだったかと思います。

タンクは 16 L とのことなので、計算上はワンタンクで 350 km ほどは行けますね。

燃料計はもちろんのこと、RANGE メーターも装備。

 

ただ、この RANGE が曲者でした。

それまでの平均燃費ではなく、瞬間的なものに近い燃費を根拠に再計算されるので、ひっきりなしに変動します。

帰りの中央道で、東京までの距離プラス 30 km ほどの余裕を見せていたかと思いきや、ちょっと渋滞につかまると数字が激減し、八王子までも持たないとか言い出す始末。

で、また流れ出すと「ドヤ」とばかりに余裕を見せます。

 

高速道路で一気に距離を稼ぐポテンシャルは予想以上にあったと思います。

それだけに、燃費周りの情報がおぼつかないのはマイナス要因。

 

あとは内ももの熱がひどいので、ペースが遅い区間や暑い季節はゼッタイに長く乗れません。

 

総評 ★★

星の数を足して 3 で割って四捨五入したら総評は星 3 つであるべきですが、気持ち的には 2.5 くらいですね。

 

過去に試乗したビッグ バイクと比べて、懐の深さが足りないな、という印象です。

乗り手を選ぶバイクに、ヘタレな自分が合わなかったといえばそれまでですけどね。

ZX-14R や Ninja 1000 には、一日試乗して感じる自分なりのスイート スポットというか、「こういうツーリング スタイルが合うバイクなんだな」という感覚があったんですが、SuperSport はちょっとそこが見えませんでした。

それでも強いて言えば、ツーリング ライダー向けというよりは、スポーツ走行をしたい人がそれをするための場所に長距離でも自走して行ける道具、でしょうか。

 

スポーツ バイクのスタイルでいながら、乗車姿勢がややラクというのはわかります。

でも、それだけではツーリング向けとは言えないんだなということ。

 

あとは、何度も書いてますが内ももの熱さは本当に暴力的。

信号待ちのたびにつらい気持ちになってしまいました。

少なくとも自分の場合、市街地走行でペースが落ちることのないツーリングというのはまずないので、乗り物が持つべき一定の居住性・快適性という観点でもっとも痛い点です。

 

 ドゥカティ SuperSport S のスペックと類似車種 | 車格.com

https://www.syakaku.com/bikes/13836

梅雨の合間にドゥカティをレンタルしてツーリング

6 月は祝日がないのと、夏に入る前にツーリングに行っておきたいのと、都道府県をまたぐ移動は慎重に「3 密」を避けてやろうというので、平日に有休をとって出かけました。

 

今回の旅の相棒は、DUCATI SuperSport S です。

もちろんレンタルで。

 

www.ducati.com

 

f:id:katatewaza:20200618164857j:image

 

オフメットでロードスポーツに乗る人。

 

しかしですね、ツーリングとしてはやや不完全燃焼というか、大味すぎたというか、まぁ天気にそこまで恵まれなかったこともあり、ぼちぼちでした。

 

…トラブルもありまして。

 

5 時過ぎに出発して、中央道を下ります。

ソーシャル ディスタンスとられまくりの諏訪湖 SA のフードコートで朝ラー。

外食ってすげー久しぶりの気が。

 

f:id:katatewaza:20200618164904j:image

 

岡谷 IC で下りて、R20 を塩尻方面へ。

R19 につながって、日本アルプスサラダ街道なる道に入ります。

ホントはこの道を走りつないで安曇野方面に行く気だったんですけど、いかんせん今回の SuperSport、スマホナビがセットできない構造のため道がリアルタイムにわからず、迷走。

 

コンビニの駐車場で軌道修正というかルート変更をして、 松本市街を抜けてアザレアライン (K67) に入ることにします。

 

ビーナスラインに接続して道の駅・美ヶ原高原美術館で休憩。

 

その後、霧ヶ峰方面に折り返して白樺湖のローソンで休憩しようとした矢先、事件発生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ちゴケしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:katatewaza:20200618165133j:image

 

 f:id:katatewaza:20200618165137j:image

 

立ちゴケなんてここ 10 年くらいやらかしてないのに、よりによって借り物のバイクで…。

 

もちろん弁償モンです。

 

気持ち的にはここでプッツリ切れてしまったので、帰路につきました。

ブレーキ レバーが折れたものの、幸い握り込める長さは残っていたので、自走で帰れました。

 

ガソリン残量には余裕があるはずでしたが、小仏トンネルあたりの渋滞で、SuperSport の RANGE メーター (あと何 km 走れるか) が強烈に不安をあおってきたので八王子 IC でいったん下りて給油、再び高速へ。

 

レンタルしてからの総走行距離は 520 km ほど。

ホントはもっといけそうだったけどな…。

 

f:id:katatewaza:20200618164844j:image

 

こんないわくつきの試乗ツーリングになってしまいましたが、SuperSport S のインプレは例によって別途書きます。

 

レンタルバイクで立ちゴケしたらどうなったかの話は、こちら。

 

katate.hateblo.jp

2020 年 5 月のラジオのヘビロテ

先月に続き、ラジオのオンエア曲、カウントしました。

ま、web 見りゃわかる話なんですけど。

 

2020 年 5 月に各局でたくさんオンエアされた各 3 曲です。

 

TOKYO FM

www.keitai.fm

 


共鳴 -resonant-

 

 


和田唱 (Sho Wada) - アイ 【Official Lyric Video】

 


SUPER SMASHING GREAT

 

イマドキはラジオで耳にして気になったら YouTube で確認、ってのができるように仕込まれてますねちゃんと。

 

J-WAVE

www.j-wave.co.jp

 


藤井 風(Fujii Kaze) - "優しさ"(YASASHISA) Official Video

 


millennium parade - Fly with me

 


Katy Perry - Daisies

 

#2 とか、J-WAVE でないとランキングに上がってこなさそう…。

 

NACK5

www.nack5.co.jp

 


Maica_n -「Unchain」Music Video

 


東京フラッシュ / Vaundy :MUSIC VIDEO

 


あいみょん – 裸の心 【short movie】

 

先月に引き続き、NACK5 の選曲って結構面白い。

 

複数局でトップ 10 入り

 


宇多田ヒカル 『Time』Official Audio(Short Version)

 

 


トンネルを抜けると

 

案外そこまでカブらないもんなんすね。

各局の差別化というか、リスナー層のすみ分けができているのでしょうか。

だしぬけに SSD 増設

Kindle Unlimited で DOS/V POWER REPORT など数年ぶりに見てみたら、イマドキの自作トレンドに若干の興味がわきつつ、そもそも OSMO ACTION のライディング動画もこれからたまっていきそうということで、SSD をポチってしまいました。

 

 

ヨドバシで買ったら今日中に配達。

ヨドバシのロジはホントにすごい。 

 

f:id:katatewaza:20200530220736j:image

 

上述のパワレポでゴールド レコメンドされていた SATA SSD です。

世の中的には NMVe SSD が主流になってきているようですが、いかんせんこちとら 2013 年初頭に組み上げた PC なので、対応していません (PCI Express スロットを使う手もあるようですが)。

 

今の C ドライブになっている SSD2015 年 10 月に買ったもの。

 

「さぁ 4 年半の進化を見せてもらおうか」ということで、パワレポでも定番の CrystalDiskMarkベンチマークしてみます。

 

crystalmark.info

 

まずは現行の C ドライブ。

 

f:id:katatewaza:20200530222405j:plain

 

ふむふむ。

次は今回買った D ドライブ。

 

f:id:katatewaza:20200530222429j:plain

 

………え~っと。

 

まぁ、NVMe にするとこの数値が 4 桁になるらしいから、こんなのはドングリの背比べですよね、うんうん。

 

ひとまずこれで、OSMO ACTION でガシガシ撮りまくったものをガンガン放り込んで動画編集もしまくれるわけですよ。

 

しかし正直な話、自作 PC 業界の進化の先端からはだいぶ久しく遠ざかってしまっていることを痛感したので、今の PC の動作には何の不満もないけど、トレンドのキャッチアップのためだけに 1 台組んでみたい…。

DJI OSMO ACTION を顎マウント

外出自粛でツーリングに行けない中、YouTube でモトブログ的なものを見ていたら、OSMO ACTION をうまいことヘルメット マウントしたい気になってきました。

 

で、こちらを導入。

 

 

ツアークロス 3 に取り付け。

案外収まりがいいですね。 

 

f:id:katatewaza:20200524202446j:image

 

でもスマートさという意味では、こちらの方がよさげ。

どう見てもボッタクリ価格なので、よっぽど変な勢いがつかないとポチれませんが。

 

 

これでドラレコのように面白みのないカメラ視点から卒業だということで、散歩がてらの首都高ランに出かけてテスト。

ごめんなさい外部マイクとかないので風切り爆音そのままです。

 


OSMO ACTION ヘルメット顎マウント テスト

 

アップロードするために編集作業をして気づきましたが、撮りっぱなしでいると場面を抜き出して切り貼りするのがかなり大変ですね。

今回、あえて視線を横に向けたシーンを選んでつなげてみたんですが、その場面を探すのが結構めんどくさい。

やっぱりこう、「撮るぞー」ってシーンでのみ録画しておいて、それらの中からさらによさげなものだけピックアップする、というのがモトブログ的編集フローなんでしょうか。

 

晴れてツーリングに出かけられるようになったら、もう少しまともに人目にさらせる動画を編集できたらいいなと思いました。

でも、人に見せるための素材づくりを目的に走るとつまらなさそうなので、あくまで自分が安全に楽しんで走るのが最優先です。